読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nishiuradani Flat

ぼくたちの新しい場所「西浦谷フラット」での日々をつづります。

カタチから入るタイプです≪茶筒編≫

tea public Folksy

カタチから入るタイプのフラット店主。

喫茶スペース「Folksy」で紅茶を淹れるのに使っている道具たちを紹介します。

 

今回は職人の技が光る茶筒編。

f:id:nishiuradaniflat:20150621163541j:image

うちでは「江東堂高橋製作所」という、製缶専門メーカーの茶筒を使っています。

本来は日本茶の茶葉を保管するためのものですが、紅茶の茶葉にもピッタリ◎

これの好きなところは、なんといっても金属製の内蓋。

f:id:nishiuradaniflat:20150621164120j:image

ホーローのキャニスターなんかも良いんですが、内蓋だけプラスチック製のものが多くて、なんとなーく違和感。

その点この茶筒は、金属オンリー潔し。

しかも、キツ過ぎずユル過ぎずの絶妙なしまり具合が素晴らしい‼︎

これは写真では伝わりにくいので、動画でどうぞ◎

youtu.be

少しは伝わりました⁇

 

江東堂高橋製作所のホームページを見てみると、今でも手作業を大切にしているそう。

http://www.kotodo-can.co.jp

この職人技が、茶葉を湿気や光から守ってくれます。

 

さて、この道具紹介シリーズ。次回はいよいよティーポット編‼︎